秘書の平凡日記(記録用)
by hkqmtm0wqe
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
防犯カメラの映像、別人だが「..
at 2010-06-18 12:31
<中教審>教員資質向上へ集中..
at 2010-06-07 23:10
閣内バラバラ、今度は平野氏が..
at 2010-05-28 23:54
男性2人刺され心肺停止…大阪..
at 2010-05-20 16:20
<絵本>「本の過疎地」に寄贈..
at 2010-05-13 04:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


24時間巡回型の訪問ケアがポイントに―宮島老健局長(医療介護CBニュース)

 NPO法人日本介護経営学会(発起人代表=田中滋・慶大教授)はこのほど、東京都内で高齢者の住まいと介護サービスをテーマにシンポジウムを開き、北欧諸国の高齢者住宅政策などを参考に、住まいとケアの提供の仕方などを話し合った。

 シンポジウムでは、厚生労働省の宮島俊彦老健局長が「高齢者の住まいと介護サービス」と題して講演し、デンマークと日本の高齢者住宅や介護の政策を比較しながら、今後の在宅ケアの方向性などを語った。
 宮島局長は、終の棲家(ついのすみか)たり得るのが、特別養護老人ホームのみという認識が定着していると述べたほか、在宅ケアは家族が大変ではないかとして、「高齢者住宅にケアが付いているから何とかなるといった新しいモデルを示していかなければ、特養待機者はなくならない状況ではないか」と述べた。
 また今後の在宅ケアについて、24時間巡回型の訪問ケアが一つのポイントと指摘。看護師とヘルパーがチームを組んで1日に数回訪問し、朝食や着替えをはじめ、昼食、夕食、夜間の排せつ介助などのケアを、そのエリアで100人や200人といった規模で提供する仕組みが必要とした。
 特養や老人保健施設などについては、ミドルステイやショートステイ、リハビリテーション、緊急対応、家族のレスパイトなども行う拠点として、施設にいる人だけでなく、地域の人たちにもサービスを提供してほしいとした。

 シンポジウムの参加者からの「家族介護力をどのようにバックアップするのか」「医療依存度の高い人を在宅でどう見るのか」といった質問に宮島局長は、家族がいなくても在宅で過ごせるモデルを考えているとした上で、「独居とか夫婦2人暮らしでも、施設や病院に行かずに(在宅で)やれることを考えなければいけない」とし、そのためにも看護師と介護福祉士が一緒になって訪問する必要があると説明。その場合には介護福祉士が医療行為を行い、看護師は医療的なところを統括するような役割になるのではと述べた。

■介護福祉士に認知症ケアの能力を
 さらに宮島局長は、介護福祉士に今後備えてほしい能力として、▽基礎的な医療ケア▽リハビリについての理解▽認知症ケア―の3点を挙げ、マンパワーの制約や地域資源の活用から考えて、介護福祉士の役割は身体ケアや認知症ケアのほか、排せつケアや食事介助などにウエートを移す必要があるのではないかと述べた。


【関連記事】
地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議
地域での介護、「保険だけでは収まり切らない」―宮島老健局長
25年には労働力人口の1割が医療・介護に必要―宮島老健局長
次回介護報酬改定時に大規模制度改革も
介護職の医療技術・知識の必要性を強調−厚労省・宮島老健局長

無許可で犬大量飼育 兵庫県警 容疑で尼崎の業者逮捕(産経新聞)
無期求刑の男に懲役28年=強盗致死、裁判員裁判−静岡地裁支部(時事通信)
東電との取引装い融資金詐取、社長を再逮捕(読売新聞)
北・イランの核問題で連携=米国務副長官と会談−岡田外相(時事通信)
昆布・カキ・ノリ、津波で養殖施設に深刻被害(読売新聞)
[PR]
by hkqmtm0wqe | 2010-03-10 07:26
<< <学力テスト>7割で実施へ 全... <学力テスト>7割で実施へ 全... >>